大成建設の社訓と活動について

大成建設株式会社は人がいきいきとする環境を創造するをスローガンにした、大手総合建設会社です。
グループ会社はみずほ銀行系の企業であり、スーパーゼネコンの一画の中である5社に数えられております。
大成建設と大林組と鹿島建設と清水建設と竹中工務店が、大手のスーパーゼネコンとして国内で知られている巨大企業になるのです。
その他の4社は同族系の体質を現在も維持しておりますが、同社のみ非同族企業運営されております。

大成建設株式会社の概要

大本になった母体は戦前の大倉財閥の流れを汲んでおり、寡占事業主だった関係から財閥解体の危機に陥った時に社員一丸となって、新たな体制に再起したことが知られているのです。
こうした経緯から自社への愛社精神が伝統的に強い会社だと言われており、役員を選出する際にも社内からの声が反映されやすいと言う特徴があると指摘されております。
さらに持ち株制度などを日本企業としては早く導入しており、株主やオーナー企業としてではなく社員の会社であると言う意識が強い会社なのです。
そのために発言権が1社員でもあることが特徴であり、ボトムアップの意見も比較的に言いやすく現場の声を汲み上げるような社風であると言われております。
現在の社名になったのは昭和21年であり、西暦で言えば1946年になる歴史の長い企業です。
敗戦に伴うGHQ下で財閥解体が成された関係上、この年号に新たな社名にして再出発をしたという経緯があります。

社名は創業者である大倉喜八郎氏の戒名からもらう

社名は創業者である大倉喜八郎氏の戒名からもらい、建設という新しい概念を付属させたことが命名のエピソードだと伝えられているのです。
それまでの日本では大規模土木に関する特定の表現はありませんでしたが、大成建設が建設という言葉を生み出してからは後に続くように同業他社もこの言葉を使うようになりました。
スパーゼネコンの一画としては大規模な事業を請け負うことが主体であり、現在までに超高層ビルやスタジアムなどだけではなく、ダムや大規模な橋やトンネル、鉄道工事や地下鉄工事などさまざまなインフラに関わる事業を文字通り建設してきたのです。
公共性の高いものから、ランドマーク的な建物まで数多くの建設実績を持っております。
日本国外でも積極的に受注活動をしており、海底トンネルや大規模タワーなどを請け負いました。

日本だけではなく海外でもインフラを作っている

技術力やノウハウを活用して、日本だけではなく海外でもインフラを作っているのです。
代表的なのはアラブ首長国連邦の大規模な送水システムの建設や、世界的に注目を集めた事業であるパームアイランドの海底トンネル工事などが著名になります。
欧米の巨大企業と争って勝ち残り受注した大規模なプロジェクトであり、社命を賭けたとも言われている大変な工事でした。
こうした高い技術力を活用して、ボスポラス海峡横断鉄道トンネルも実現したのです。
難工事だと言われておりヨーロッパとアジアの懸け橋になると言われていたけれど、実現が難しかったのを大成建設が100年越しで叶えました。
トルコが国をあげた計画であり、二人三脚で日本のゼネコンが難工事を克服してプロジェクトを成功に導いたと現地では称賛されたのです。
1994年には自社のキャッチコピーを地図に残る仕事と制定しておりますが、文字通り日本だけではなく海外でもコピーに負けない活動をしている企業になります。

建設はメンテナンスも含め環境問題に配慮しなくてはいけない時代になった

建設は作るだけではなくメンテナンスも含め、環境問題に配慮しなくてはいけない時代になりました。
その一環として三宅島の枯損木の炭化と土壌改善を行ったり、東京都の汚染河川を浄化させる取り組みに行政と一緒に取り組み、多くの実績を残してきたのです。
現在では水質浄化が叫ばれて久しく、工場や家庭から出る使用済みの水も下水として浄水されたり、大規模な会社は社内での濾過などをしてから排水かするなどの取り組みが進められております。
以前はそうした仕組みがなかったために、都市部では公害として河川の汚れや生態圏の破壊が住民を悩ませる出来事ではあったものの、法律の改正や下水処理のシステムが出来上がり、また建設会社が河川浄化の工事を長期的に行ったことにより以前より生態圏が徐々に回復してきているといわれているのです。
建設とは作り出すだけではなく、システム上に問題が発生した時に改善をすることも可能であると言うことを、この化繊プロジェクトでは多角的に証明しました。
企業のロゴマークはアイコンとして社訓を反映させることが知られており、そのロゴを見るだけで企業イメージが重なることも少なくありません。

まとめ

大成建設の場合には自然との調和を掲げており、より深くより広く活動しながら社員一丸となって、人々の暮らしを良くするという理念を持っております。
オレンジは明るい未来を現わしブルーは優れた技術を表現して、グリーンは大地と豊かな樹々のカラーを連想させており、空と大地と太陽などを会社のロゴマークに反映しているのです。
これからも国内外を問わず、大成建設でしか出来ない建設と自然との癒合を模索し続けてゆく会社になります。