様々な名言を残した星野仙一さん

「星野仙一さんってどんな人?」
「星野仙一さんが残した名言が知りたい」
「インフラックスの星野敦さんの経歴が気になる」

星野仙一さんは日本のプロ野球選手として活躍した人物です。
プロ野球を引退してからは、タレントや野球解説者としても人気を集めました。
岡山県の出身で誕生日は1947年の1月22日、2018年の1月4日に亡くなりました。

【特集】星野 敦. INFLUX INCの代表取締役社長. 再生可能エネルギー分野で約10年の経験を持つ
Influx星野敦 洋上風力

ゼロエネルギー住宅で省エネを実現しよう

星野仙一さんの名言

迷ったら前へ

星野仙一さんは様々な名言を残していますが、その1つには「迷ったら前へ」というものがあります。
前に進むことの大切さを教えているこの言葉は、多くの人を勇気づけています。
どのような道に進むべきか迷ったときには、大抵の人はその場に留まってしまったり全てを放棄してしまいたくなったりするかも知れません。
しかしそのような時こそ前に進むことが必要といえます。
なぜなら迷っていたとしても前に進んでいれば、前進しているうちに次第に道が開けていく場合があるからです。
迷ったからといって歩みを止めてしまえば、肉体的に衰えることもあるでしょう。
それではその場に留まっているどころか後退してしまうことにもなりかねません。
迷ったときには前進をする、ということはある意味で役に立つ言葉といえます。
とはいえ、例えば初めて訪れた場所で道に迷ったままむやみに前進をしていたら、却って間違った方向に進んでしまうということも考えられます。
そのようなことから実際の生活においては、注意するべき点もあるのかも知れません。
しかしこのことこそ、多くの人が迷う場合に足を止めることを表しているとも言えます。
迷った場合に、さらに誤った方向に進んでしまったらどうしようと考えることにより何も出来なくなり歩みを止めることに繋がるからです。
とはいえやはり人と同じことをしていたのでは、傑出した人物にはなれないのかも知れません。
選手や監督として多くの実績を残してきた星野仙一さんに倣って、迷ったとしても前に出るという考えを持つのがもしかしたら現状を打破するきっかけになる可能性があります。
「迷ったら前へ」という言葉は、やろうかどうしようかと迷っている人の背中を押す言葉にもなるでしょう。
例えば新しいチャレンジをする機会に、本当はやりたいけれど自分には無理だと考えてやる前から諦めてしまうこともあるかも知れません。
しかし、そのような時こそ思い出したいのが「迷ったら前へ」という言葉です。
もしチャレンジをする前に止めてしまったとしたら、後から後悔することになるかも知れません。
人はやった後悔よりもやらなかったことの方が後悔のしやすいと聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
後になってやれば良かったと思っても、タイミングを逃してしまうと出来なくなってしまうことは色々考えられます。
もう若くないから、お金がないからなどやりたいことをやらない理由はいくつでも出てくるのもです。
本当はやりたいのに、理由を考えて諦めてしまっては勿体無いです。
そのようなときこそ、星野仙一さんの「迷ったら前へ」という言葉を思い出してみることをおすすめします。

弱気は相手を強気にさせる、強気は強気を押しのける

ほかにも星野仙一さんは色々な名言を残しました。
たとえば「弱気は相手を強気にさせる、強気は強気を押しのける」というものがあります。
この言葉を聞いて、自らの実体験を振り返って納得したことがある人もいるのではないでしょうか。
弱気な態度で相手と接していると、相手がどんどん調子に乗ってくるということはよくあります。
知らず知らずのうちに相手を調子に乗らせてしまうことは少なくありません。
しかしその原因が自分が弱気だったから、だとは気づかないこともあるでしょう。
反対に自分が強気でいたら、相手をそこまで調子づかせてしまうことを避けられることもあります。
すぐに弱音を吐いてしまったり、気力を失っていたりすると実際にはそれほど悪くない状態であったとしても人から自信なさげに見えてしまいますし。
そうすると評価を下げてしまうことになりかねません。
しかし実際はどうであれ、強気でいれば人から自信がありそうに見えますし頼りがいがあるように見えることもあります。
場合によっては自信がありそうだから任せてみよう、と人に思われることがあり思いがけないチャンスが転がり込んでくるかもしれません。
そうして実績を積み重ねていれば、初めは自信がなかったとしても自分は出来るということが分かり自信が付いてくるものです。
環境が人を作るという言葉がありますが、自分を成長させる環境に身を置くことで実際に成長することができるようになるはずです。
もし人になめられやすいという悩みを持っているのなら、知らないうちに人を強気にさせてしまうような弱気な態度をとっていないかどうかを自身の態度を振り返ってチェックしてみることをお勧めします。
そしてもし弱気な態度が癖になっていたら、強気になってみると現状を変えることが出来るかも知れません。
強気でいると強気の相手をも制することが出来る可能性があります。

まとめ

このように星野仙一さんの言葉からは、今の時代を生きる人にとって役立つ様々なことを学ぶことができます。